読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

関西私鉄沿線めぐりの旅11〜豊中・岡町〜

※2012年4月28日の記事です


豊中市内の文化財・史跡をめぐりました。
豊中駅から金禅寺三重宝篋印塔(重文)、岡町駅から原田神社本殿(重文)と桜塚古墳群(国史跡)です。

金禅寺

豊中駅から徒歩10分足らずの住宅地に小さなお寺があります。


こちらの本堂前に建っているのが重要文化財の三重宝篋印塔。鎌倉時代の石造物です。

大石塚古墳・小石塚古墳

岡町駅西口を出て徒歩3分。
岡町駅の東西に点在する桜塚古墳群のうちのふたつが、南北に並んでいます。


南側が大石塚古墳


北側が小石塚古墳
その名のとおり、大石塚古墳の方が大きいです。どちらも前方後円墳

原田神社

今度は岡町駅東口へ。岡町商店街へと入ります。


商店街入ってすぐ右手に、原田神社への裏参道が。


古代からの由緒をもつ神社。


本殿が重要文化財です。


境内正面の石鳥居から出て東へ向かいます。

大塚古墳


桜塚古墳群のひとつ。円墳がきれいに残っています。

御獅子塚古墳

こちらも桜塚古墳群のひとつ。大塚古墳の南にあります。前方後円墳です。

天平古墳

御獅子塚古墳から更に南へ。桜塚古墳群の最後。道路造成で削られてしまっていますが、元は円墳だそうです。


なお、桜塚古墳群(国史跡)は以上の5基が現存するのみですが、かつては30基以上が存在していました。