読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

巾着田の曼珠沙華

f:id:sanraku2:20140926071609j:plain

※2014年9月26日の記事です。

今夏のお出掛けは九州旅行のみになっちゃいました。

一気に2ヶ月飛んで、季節は秋。涼しくなってきたし、そろそろどこかへ行こうと思い立ち、500万本の曼珠沙華彼岸花)が咲き誇るという日高市巾着田へ行ってきました。

 


蛇行する高麗川に囲まれて逆「Ω」型になっているところが巾着田です。その南端から北東にかけての川沿いに曼珠沙華が群生しています。

 

f:id:sanraku2:20140926065104j:plain

5:20頃自宅を出て、始発の埼京線八高線直通列車を乗り継いで東飯能へ。

さらに西武秩父線で1駅移動して、巾着田の最寄りの高麗駅に6:49着。都心に出るより時間がかかる・・・距離的には近いんですけどね。

 

f:id:sanraku2:20140926070736j:plain

徒歩15分ほどで入口に到着。入場料300円。

もうこの時点で既に真っ赤な絨毯が広がっているのが見えます。

 

f:id:sanraku2:20140926070841j:plain

中に入ると辺り一面が真っ赤。500万本は誇張ではないかもしれませんね。

あとはもうひたすら曼珠沙華を撮影するだけ。平日の早朝7時台8時台でも見物客はそれなりに来ていましたが、気をつけていれば写り込みは避けられるレベル。

それでは、厳選(?)した写真をご覧ください。

 

f:id:sanraku2:20140926071500j:plain

f:id:sanraku2:20140926071549j:plain

f:id:sanraku2:20140926072540j:plain

f:id:sanraku2:20140926072247j:plain

f:id:sanraku2:20140926074340j:plain

f:id:sanraku2:20140926073410j:plain

f:id:sanraku2:20140926073644j:plain

f:id:sanraku2:20140926074054j:plain

f:id:sanraku2:20140926074521j:plain

f:id:sanraku2:20140926072559j:plain

f:id:sanraku2:20140926075257j:plain

f:id:sanraku2:20140926080626j:plain

f:id:sanraku2:20140926081458j:plain

f:id:sanraku2:20140926081822j:plain

真っ赤な写真は一旦お休み。 

 

f:id:sanraku2:20140926081911j:plain

土手から眺めた巾着田の風景。正面に見えるは日和田山

 

f:id:sanraku2:20140926082312j:plain

f:id:sanraku2:20140926082256j:plain

巾着田にはコスモス畑もあって、曼珠沙華と同時期に咲くので一緒に楽しめます。

 

f:id:sanraku2:20140926083059j:plain

蕎麦の花も咲いていました。

 

f:id:sanraku2:20140926083840j:plain

再び曼珠沙華。こちらは遅咲きエリアです。

先程のエリアはしおれ気味の花も散見されましたが、こちらは丁度このときが盛り。

 

f:id:sanraku2:20140926084354j:plain

f:id:sanraku2:20140926084205j:plain

f:id:sanraku2:20140926084022j:plain

f:id:sanraku2:20140926085305j:plain

f:id:sanraku2:20140926085743j:plain

f:id:sanraku2:20140926090343j:plain

日本最大級の木造トラス橋をバックに撮影して〆。

 

f:id:sanraku2:20140926093555j:plain

高麗駅に戻って、9:35発の列車に乗車。

まだ朝早いですが、用事もあったので往路と同じルートで帰りました。