読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

天地人 第7回「母の願い」

大河ドラマ

ようやく追いつきました。
今回はこれといって史実との齟齬もなく・・・まあ、未だ兼続関連のストーリーは創作ですから、史実の割合が少なかっただけとも言えますが。というわけで、今回は史実以外について少々。

後北条氏が誰も登場しない

言わずと知れた上杉景虎の実家。そして上杉氏にとっての宿敵。
しかし未だに北条家の人物は登場せず、ドラマ内での存在感は全くと言っていいほどありません(;_:)
それもこれもドラマが西の方ばかりに、織田家ばかりに向いているから。武田家も同様の状態で、高坂弾正が以前に登場しましたが、それ以後はコチラもほぼ空気です。
今後を考えても北条家は織田家以上に関わりが深く、何と言っても、直江兼続三大見せ場*1のうち2つ(御館の乱小田原征伐)を語るうえで彼らの存在は外せませんからね。今から出しておいて損はないと思うのですが、場当たり的に対処するのでしょうか。或いは最後まで空気で通す気か(-"-;)

上杉景虎後北条氏の出身であることを活かそうぜ

後北条氏絡みでもうひとつ。七尾城攻めを切り上げる際の軍議においても、後北条氏の空気ぶりは発揮されていました。
関東出陣は、上杉景虎にとって実家が相手ですから、彼の葛藤或いは踏ん切り、そして謙信・景勝らの景虎に対する信頼或いは不信を描写して欲しいところでしたが、そんなことは忘れられているかの如くスルー。
しかも、謙信は「助けを求める者あらば、万難を排し駆け付けるのが上杉の務め」などと宣いやがります。越相同盟中、北条は幾度も助けを求めたのに、それを悉く無視しておきながら、その台詞は無いでしょう。しかもそれを景虎に向かって言うなんて無神経すぎる。景虎は実家への救援を幾度も願い出たに違いないのに・・・。

兼続母の死は今回にするべきではなかった

ドラマでは直江景綱の妹説を採っているわけですから、その直江景綱の死去と同時期としたのでは、取って付けた感をちょっと隠しきれないと思うのですが。

*1:もうひとつは関ヶ原