読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

彦根城、炎上? 赤色ライトアップ不評 「白」に戻す

ニュース

来年築城400年を迎える国宝・彦根城滋賀県彦根市)で、今秋から天守閣を赤くライトアップする試みが行われたが、「炎上をイメージさせる」などの市民の反対意見を理由に、通常の白いライトアップに変更された。城は同市のシンボルで、関係者は「『彦根のお城は見慣れた白でなければ』という市民の声を大切にしたい」と話している。
赤いライトアップは、来年3月に開幕予定の「国宝・彦根城築城400年祭」のプレイベントとして、同市職員が中心となった実行委員会が11月中旬から今月31日まで実施。城主だった彦根藩井伊家の甲冑(かっちゅう)の色「赤」をイメージするように、投光器に赤いフィルターをかけて天守閣を赤く照らしていた。
ところが、実施直後から、地元の観光協会などに、「城が燃えているようで嫌だ」「白壁のほうが風格がある」との戸惑いの声が市民や観光客らから寄せられた。「通常のライトアップより美しい」と肯定的な意見もあったものの、「輪郭がぼけて、小さく見える」「見慣れた白いお城の方がいい」など違和感を訴える意見も多く、演出を手がけた照明デザイナーが見直しを検討。今月中旬から、夜間に通常行っていた白のライトアップに戻したという。
同実行委は「赤い彦根城で彦根らしさを演出したかったが…」と予想外の反応に困惑。ただ「今回は400年祭のための実験的な取り組みで、本番ではこの経験を生かしてライトアップを考えたい」と話している。
築城400年祭は来年3月下旬に開幕。11月下旬までの期間中、彦根城をメーン会場に重文の建造物の公開や城内ライトアップなどのイベントを予定し、55万人の来場者を見込んでいる。
トップページ - iza(イザ)産経デジタル

えーっ! 私は結構好きだったんですけど。妖艶な感じで・・・(^^*)



ま、まあ「城が燃えているようで嫌だ」という気持ちも分かります。落城とは無縁の現代ですが、彦根城天守は国宝建造物ですからね。炎上焼失は即ち文化財の損失。不吉ですわ。
「見慣れた白いお城の方がいい」というのも、白バージョンに馴染んだ地元の方ならそう思ってしかるべきでしょうし。私も白バージョン好きです。
んだども、折角の期間限定イベントなのに途中で通常モードに戻してしまうのはいかがなものですかねぃ。いつもと違うことにチャレンジしてこそのイベントでしょう。赤バージョンがダメというなら、せめて通常とは違う青や緑には出来なかったもんだろうか?