読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

京都2014秋の特別公開をめぐる旅7―大仙院―

f:id:sanraku2:20141030122420j:plain

※2014年10月30日の記事です。

大徳寺塔頭めぐりの第6弾。

国宝の本堂と重文の書院、さらには特別名勝と国指定名勝と、2つの庭園を持つ大仙院。常時拝観可能ですが、残念なことに撮影不可でした。

 

f:id:sanraku2:20141030121950j:plain

総見院から大仙院に向かう途中、隣の聚光院を覗いてみる。

非公開なので勿論見学は出来ません。

 

f:id:sanraku2:20141030122321j:plain

大仙院の手前、眞珠庵も非公開。

どちらも重文建築と国名勝庭園があるので、機会があれば見学したいところ。

 

f:id:sanraku2:20141030122515j:plain

そして大仙院に到着。何故か外国人観光客が多めでした。

 

f:id:sanraku2:20141030122549j:plain

玄関先の敷石に刻まれた「子」の文字。何やら謂れがありそうです。 

 

f:id:sanraku2:20141030123959j:plain

国宝の本堂は外からだと屋根がかろうじて見えるのみ。

 

f:id:sanraku2:20141030124536j:plain

大徳寺塔頭めぐりも次で最後です。