読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

信州甲州紀行/4日目/特急スノーモンキー

昨日に引き続き「信州北回廊パス」(2日間有効)を使用。今年長野電鉄にデビューした特急スノーモンキーに乗ってきました。
その後は湯田中を、そして信越本線で黒姫・篠ノ井を巡りましたが、いつもよりアッサリとした一日です。4日目にもなると旅疲れも出てくる頃ですから、残り2日を見据えての省エネモードということで。


(8/3更新完了…冒頭写真は湯田中駅停車中の特急スノーモンキー

しなの鉄道(上田→長野)

7:48発の列車で終点長野まで。40分ちょい。


8時半過ぎの長野駅コンコース。震災の影響か、人が少ないです。


JR駅を後にして長野電鉄駅へと向かいます。

特急スノーモンキー(長野→湯田中

長野電鉄のりばは地下にあります。


券売機で特急券(100円)を購入して、いざホームへ。


お目当ての列車が目の前にいました!


今年2月より長野・湯田中間で運行している特急スノーモンキー。元成田エクスプレスの車両です。


車体前面には「SNOW MONKEY」の小さいロゴ。



愛称の由来である地獄谷野猿公苑で温泉に浸かる猿(スノーモンキー)の写真も。



成田エクスプレスは全車指定席でしたし、そもそも成田に行く用事もありませんでしたから、乗ったことがありませんでした。初乗車です。


JR東日本の車両にしてはなかなかお洒落です。どことなくJR九州の雰囲気が。


座席は・・・まあ普通かな。


忘れちゃいけないのが1室のみ存在する個室。


1室1000円とリーズナブル。機会があれば乗ってみたいですね。
なお、この個室を除けば全席自由席。この日の席の埋まり具合は半分程度で、思いのほか空いていました。


45分で湯田中に到着。折り返しの特急スノーモンキーに乗ろうとする人々が列をなしていました。温泉宿泊客が動き出す時間帯ですものね。


ちなみに湯田中は一度訪れていますが、特急ゆけむりの前面パノラマを楽しんで折返しただけ(^^;


桜満開!善光寺御開帳フリーきっぷの旅/3日目/上越市・小布施町・長野市 - 日本史日誌


後で温泉郷の街外れに国史跡と重文建築があることを知り、今回行ってみることにしました。


夜間瀬川沿いの桜並木は満開! 天気が良ければなぁ〜。

佐野神社


拝殿裏の覆屋。この中に重要文化財の本殿があります。左端に見えるドアを開けると・・・


照明スイッチがありました。100円か(^^;


100円投入してガラス越しに撮影。なーんかスッキリしませんが、撮影できただけでも良しとしましょう。

佐野遺跡

国指定史跡。縄文時代の遺跡。
石碑と説明板があれば何とか格好がつくというもの。

長野電鉄湯田中信州中野→長野)


1時間ほどの小散策を終えて駅に戻ると、列車が急勾配のえっちらおっちらと登ってくるところでした。



先ほどの特急は待ち行列ができていましたが、普通列車はご覧の通り(笑)


信州中野行きの普通列車


そして信州中野から長野行きの普通列車を乗り継いで長野駅まで戻りました。

信越本線(長野→黒姫)

長野駅前で昼食に蕎麦をいただいてから、12:45発の妙高号に乗って北へ向かいます。
特急型車両(かなり旧式ですけれど)ではありますが普通列車です。初めて自由席に乗ってみましたが、余裕で座れました。


35分で黒姫駅到着。


駅の跨線橋からの眺め。左が黒姫山、右側が妙高山。やはり天気が残念。

小林一茶旧宅

俳人小林一茶が暮らした地は北国街道柏原宿にありました。国指定史跡。


一茶の晩年に大火があり、焼け残ったこの土蔵で最期を迎えたそうです。当時から残るのはこの土蔵のみ。
通りに面した建物は一茶の弟の住居で、かつ再建されたものだとか。


普通は土蔵の中に囲炉裏なんてありません。ここで生活していたという証です。


天井は高いけれど・・・狭いですね。


一茶の銅像も。

信越本線(黒姫→長野→稲荷山)

さくっと戻って来ました。


入口に掛けられていた「黒姫駅」の文字が物凄い特徴的。


直江津まで行って戻ってきた妙高号で長野まで戻ります。帰りの自由席も空いていました。


長野で松本方面行きの列車に乗り継ぎ。


稲荷山駅に到着しました。

川柳将軍塚古墳・姫塚古墳

40分ほどかけて歩いてきました。この山の中腹に国指定史跡の古墳があります。


麓から20分ほど。まずは川柳将軍塚古墳があります。結構大きいのですが、草木が邪魔して全体を撮ろうしても古墳に見えないのが難。


さらに奥へ進んで姫塚古墳を目指します。


こちらも全体は難しいですね。

信越本線篠ノ井→長野)

1時間近くかけて篠ノ井まで出ました。稲荷山・篠ノ井間を踏破したことになります。思いのほか遠かった><

信越本線篠ノ井線(長野→松本)

朝、荷物を長野駅のコインロッカーに預けていたので、一旦長野駅まで戻って荷物を取り出し、それから松本へと向かいました。というわけで、本日は松本泊です。