読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

2015四国バースデイきっぷ旅行12―徳島城―

史跡散策

f:id:sanraku2:20150725103626j:plain

※2015年7月25日の記事です。

高松城の次は徳島城へ。

2度目の訪問ですが、前回は旧徳島城表御殿庭園(国指定名勝)を見学できなかったので、そのリベンジです。

 

f:id:sanraku2:20150725081234j:plain

まずは高松駅へ。

昨晩は気が付きませんでしたが、駅舎に顔が!

 

駅キャラクター「SHIKOKU SMILE STATION」の高松駅ラッピング等について

 

f:id:sanraku2:20150725081908j:plain

8:23発うずしお3号で徳島に向かいます。残念ながらグリーン車は付いてないので、指定席で。土曜日だからか、乗車率はここまでで一番高かったです。

 

f:id:sanraku2:20150725093742j:plain

終点徳島駅に9:36着。

 

f:id:sanraku2:20150725094527j:plain

立派な駅ビルが併設されている徳島駅。でも自動改札ではありません。

 

f:id:sanraku2:20150725095329j:plain

徳島城は駅の裏手。麓にある徳島城博物館までは徒歩10分ほどです。

徳島城表御殿庭園はこの隣に。

 

前回は閉館時間を過ぎてしまって、博物館も庭園も見学できませんでした。

今回は時間もあったので博物館にも立寄りました。 

 

f:id:sanraku2:20150725104354j:plain

博物館で30分ほど見学した後、庭園にやって来ました。 

 f:id:sanraku2:20150725104134j:plain

茶人武将上田宗箇によって築かれたという桃山様式の庭園。

池泉回遊式庭園と枯山水庭園で構成されています。

 

f:id:sanraku2:20150725103036j:plain

f:id:sanraku2:20150725103156j:plain

f:id:sanraku2:20150725103438j:plain

枯山水はご覧の通り、巨石がゴロゴロ、樹木がワサワサしています。

過剰なまでに豪壮な桃山様式のため、なんだか枯山水という気がしません(汗)

 f:id:sanraku2:20150725104024j:plain

f:id:sanraku2:20150725103859j:plain

f:id:sanraku2:20150725103954j:plain

池泉庭園の方も巨石がゴロゴロしていますが、こちらは見慣れた大名庭園と変わりなくて安心(?)

 

 

f:id:sanraku2:20150725110257j:plain

庭園を鑑賞して目的は果たしましたが、折角ですから本丸目指して城山を登りましょう。

 

f:id:sanraku2:20150725104835j:plain

石段が整備されていますし、標高もそれほど高くないのでサクッと登ります。

 

f:id:sanraku2:20150725105040j:plain

三重天守のあった東二の丸跡。

天守は最も高い場所に築かれるのが一般的ですが、徳島城では何故か本丸より一段低いこちらにありました。ただし、天守とはいってもいわゆる代用天守の御三階櫓だったようです。

また初期天守は本丸にあったものの、早くに破却されたとか。色々事情がありそうです。

 

f:id:sanraku2:20150725104938j:plain

f:id:sanraku2:20150725105134j:plain

東二の丸から本丸にかけては石垣が続きます。

野面積みもありますし、打ち込みハギもだいぶ粗っぽいので、築城当初のものかもしれません。

 

f:id:sanraku2:20150725105227j:plain

そして本丸に到着。だだっ広い原っぱで何もありません。 

 

f:id:sanraku2:20150725105452j:plain

東側から登ったので、西側へ降りていきます。

 

f:id:sanraku2:20150725105516j:plain

本丸の弓櫓跡の石垣。徳島城で最も見応えのある石垣です。

 

f:id:sanraku2:20150725105651j:plain

西二の丸跡から西三の丸跡を経て下山。

 

f:id:sanraku2:20150725110555j:plain

下山後、南下して大手門跡へ。

 

f:id:sanraku2:20150725110606j:plain

大手門跡から延びる石垣ですが、野面積みなんだか打ち込みハギなんだかよく分かりませんが、とにかくここも粗い積み方になっています。

 

f:id:sanraku2:20150725110752j:plain

唯一の復元建築である鷲の門を見て、徳島城めぐりは終了です。

 

f:id:sanraku2:20150725111947j:plain

時間が余ったのでそのまま南進。新町川を越えて、三河家住宅(重要文化財)へ。

現役の住宅で非公開のため、外観を撮ってオシマイ。徳島駅へと戻りました。