読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

2014夏の九州旅行14―豊後竹田―

f:id:sanraku2:20140725151009j:plain

※2014年7月25日の記事です。

阿蘇から大分県に入り、6年ぶりにやって来ました豊後竹田

前回定休日だった旧竹田荘、行けなかった田能村竹田の墓を中心にめぐります。

 

ちなみに前回は5時間滞在できましたが、今回は3時間半。よりコンパクトに巡ります。

 

f:id:sanraku2:20140725133034j:plain

豊後竹田駅13:29着。

 

f:id:sanraku2:20140725133313j:plain

走り去る九州横断特急を見送って街歩きへ向かいます。

 

f:id:sanraku2:20140725133412j:plain

改札を出ると猫が。どうやら駅に住み着いているようで、そのうち某駅長みたいに有名になっちゃうかも?

 

f:id:sanraku2:20140725133832j:plain

豊後竹田駅の駅舎は城郭建築風。

 

f:id:sanraku2:20140725164518j:plain

そして駅前の裸婦像「時の流れ」と再開。相変わらずのむちむちエロチックボディですな。

 

f:id:sanraku2:20140725134025j:plain

一方、こちらの渋いオジサンは竹田出身の田能村竹田の銅像。

駅の目の前、稲葉川に架かる竹田橋のたもとに建っています。

 

f:id:sanraku2:20140725134132j:plain

その稲葉川の流れ。

 

f:id:sanraku2:20140725134813j:plain

岡城まで整備されている「歴史の道」を歩きます。

 

f:id:sanraku2:20140725163344j:plain

石畳に水路、風情があります。

 

f:id:sanraku2:20140725134949j:plain

願成院本堂(愛染堂)へ続く石段も趣がありますな。

 

願成院本堂(愛染堂)

f:id:sanraku2:20140725135329j:plain

重要文化財。ここは前回も訪ねましたが、やっぱりデジイチで撮り直したかったので。

 

f:id:sanraku2:20140725140210j:plain

滝廉太郎記念館・・・は、今回もスルー(汗)

 

f:id:sanraku2:20140725140334j:plain

廉太郎トンネルを潜り、

 

f:id:sanraku2:20140725140542j:plain

石段を登り、

 

f:id:sanraku2:20140725140637j:plain

石垣沿いの小径を通って、

 

旧竹田荘

f:id:sanraku2:20140725140818j:plain

旧竹田荘(国史跡)に到着しました。

田能村竹田の邸宅。田能村竹田は江戸時代の文人画家で、先程の銅像のオジサン。

 

f:id:sanraku2:20140725141002j:plain

f:id:sanraku2:20140725142938j:plain

f:id:sanraku2:20140725142825j:plain

f:id:sanraku2:20140725141221j:plain

f:id:sanraku2:20140725142553j:plain

f:id:sanraku2:20140725142418j:plain

f:id:sanraku2:20140725142258j:plain

f:id:sanraku2:20140725142432j:plain

f:id:sanraku2:20140725142450j:plain

f:id:sanraku2:20140725143054j:plain

文人の住まいらしく、質素な中にも風流漂う佇まいです。

 

田能村竹田の墓

f:id:sanraku2:20140725144816j:plain

旧竹田荘から南西の山の中へ。

 

f:id:sanraku2:20140725145326j:plain

入り口から続く一本道の最奥に田能村竹田墓がありました。国指定史跡。

 

f:id:sanraku2:20140725150830j:plain

田能村竹田の墓から引き返して、旧竹田荘を通り過ぎ、さらに東へ進むと、殿町武家屋敷通りに出ます。

 

f:id:sanraku2:20140725150912j:plain

岡城を目指して武家屋敷通りを通過。

 

広瀬神社

f:id:sanraku2:20140725151230j:plain

豊後竹田出身の「軍神広瀬武夫を祀る神社。

岡城へ急ぐので、今回もこの石段はちょっとパス(汗)

 

f:id:sanraku2:20140725151319j:plain

鳥居前にある広瀬武夫のイケメン胸像。