読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

2014夏の九州旅行9―特急 指宿のたまて箱―

f:id:sanraku2:20140724150504j:plain

※2014年7月24日の記事です。

熊本から鹿児島に移動して、この日2つめの観光列車へGo!

指宿枕崎線を走る「指宿のたまて箱」。愛称は「いぶたま」です。

6月の大雨で脱線事故を起こして運休が続き、今回の乗車は無理かと諦めかけていましたが、7月12日より運転再開され、無事乗車することができました。

 

f:id:sanraku2:20140724130200j:plain

熊本から鹿児島へは勿論、九州新幹線で。またグリーン車に乗車しましたが、今度はかなり混んでいたので写真は割愛。

車中では熊本駅で購入した駅弁「肥後あか牛しぐれ弁当」で昼食を済ませました。

 

f:id:sanraku2:20140724134314j:plain

熊本から1時間弱、鹿児島中央駅に13:41着。在来線ホームへ向かいます。

 

f:id:sanraku2:20140724135038j:plain

14:02発の指宿のたまて箱5号。「いぶたま」は1日3往復、その最終下り便です。

 

f:id:sanraku2:20140724135214j:plain

一風変わった名前は、薩摩半島の竜宮伝説に因んだものだそう。

 

f:id:sanraku2:20140724134930j:plain

玉手箱のように白い煙を噴き出します。

 

f:id:sanraku2:20140724135739j:plain

2号車内。乗客が多くて、残念ながら撮影は思うに任せず。

 

f:id:sanraku2:20140724145953j:plain

本棚とソファー。水戸岡デザイン列車ではおなじみですね。

 

f:id:sanraku2:20140724150004j:plain

「いぶたま」最大の特色は海側を向いたカウンター座席。今回の指定席はこちらです。

 

f:id:sanraku2:20140724150353j:plain

ただし、窓と座席の位置がずれているのが難点。伊豆急リゾート21ほど窓が大きいわけでもないし、ちょっと勿体ないな、という印象。

 

f:id:sanraku2:20140724141627j:plain

1号車内も見学しました。

 

f:id:sanraku2:20140724140051j:plain

通常座席、カウンター席のほか、ボックス席があります。

 

f:id:sanraku2:20140724140200j:plain

サービスカウンターでは車内販売も。ワゴン販売しているので、席で待っていてもOK。

 

f:id:sanraku2:20140724141658j:plain

 

f:id:sanraku2:20140724141947j:plain

いぶたまぷりんと指宿温泉サイダーを購入しました。

 

f:id:sanraku2:20140724141507j:plain

鹿児島中央駅を出発してしばらくすると桜島の雄姿が。まるで噴煙のような雲がかかっていました。

 

f:id:sanraku2:20140724142628j:plain

f:id:sanraku2:20140724142733j:plain

f:id:sanraku2:20140724144047j:plain

f:id:sanraku2:20140724144248j:plain

f:id:sanraku2:20140724144806j:plain

f:id:sanraku2:20140724145357j:plain

車窓はかなり海景色が楽しめます。

こう天気がいいと、サイダーがぴったり。気分も爽快です。

 

f:id:sanraku2:20140724150235j:plain

出発から1時間弱、終点指宿駅に14:59着。

折り返しの上り列車は空いていました。「A列車で行こう」もそうだったように、観光列車は上り列車の方が空いているのでオススメ。

 

f:id:sanraku2:20140724152951j:plain

駅から徒歩15分。指宿橋牟礼川遺跡(国史跡)にやって来ました。

日差しが強烈でこれぞ猛暑。少し歩いただけで汗ダラダラです・・・。

 

f:id:sanraku2:20140724154344j:plain

駅に戻ってきました。40分ほど歩いただけですっかりヘトヘトに。

午前中の三角では倍以上の2時間歩きましたがそれほどではなかったのに。午後の酷暑半端ない!><

 

f:id:sanraku2:20140724155131j:plain

砂風呂や指宿枕崎線乗り潰しにも興味がありますが、鹿児島中央行きの普通列車で戻ります。というか枕崎まで行く列車の本数が少なすぎてツライです。

帰りの車内は疲れのあまり、ほぼ寝ておりました。