日本史日誌

いまは旅行記で精一杯だけど・・・

満済/森成暁/ミネルヴァ書房


うーむ、政治顧問としての満済って、江戸時代の側用人・御側御用取次とイメージがダブるなぁ。
ただ、足利義持期の大名評定会議制から足利義教期の個別諮問による大名意見制へのシステム変更によって、意見調整など満済の果たす役割が大きくなるなどの変化があったというのは興味深い。


しかし結果として、満済の死去が有力守護大名が相次いで亡くなった時期と重なったため、足利義教が専制の恐怖政治へと糸の切れた凧のように突っ走って「将軍犬死」に至ることとなり、幕府衰退に向かっている。
もし政治的調停者としての満済にその役割を担う後継者がいれば、また違った展開になったかもしれない。つくつぐ室町幕府というのはシステム構築というか体制づくりが下手だな、と思ってしまう。